珈琲豆の原産地ご紹介

新しいコーヒー豆を販売します「トミオ・フクダ樹上完熟」